シミやくすみのない透明感のある肌は女性のあこがれ

シミやくすみがなくて透明感のある美しい肌は、女性ならば誰でもあこがれるでしょう。肌の美しさで、人の印象はずいぶんと変わってきます。シミやくすみがないだけで、見た目の年齢も全く違ってくると思います。

 

10代の頃はお肌の悩みと言ってもニキビくらいでした。それが、年齢を重ねるにつれ、シミやくすみ、しわ、ハリ、たるみなど、様々な悩みが出てきます。特にシミは女性にとっては大きな悩みのようで、30代、40代、50代の肌の悩みランキングを見ると、必ずベスト3に入っています。鏡を見ながら「もし、このシミがなかったら・・・」なんて考えたことがある人は、きっと多いと思います。女性にとってシミの悩みは深刻なのです。

 

シミのない美しい肌であれば、メイクの際にシミ隠しのコンシーラーなどもいりませんし、ファンデーションの厚塗りの必用もありません。また、温泉やプールなど、メイクが落ちてしまいがちなお出掛けの時も安心です。シミのないきれいな肌はナチュラルメイクでも自信が持てますし、やはりあこがれます。

シミやくすみに効くのはハイドロキノン配合クリーム

シミやくすみに効果が高いのは、やはりハイドロキノン配合クリームでしょう。ビタミンC誘導体やアルブチン、コウジ酸、プラセンタエキスなど美白成分は色々とありますが、どれもシミの予防は出来ても既にできてしまっているシミを消すことは出来ません。ハイドロキノンはお肌の漂白剤ともいわれ、欧米では美白化粧品と言えばハイドロキノン配合のものがメインになっています。日本でも多くのハイドロキノン配合クリームが販売されていますし、皮膚科でもシミやそばかすの治療薬として使われています。ハイドロキノンの美白に対する効果は、ビタミンC誘導体やアルブチン、コウジ酸、プラセンタエキスなどの100倍といわれているのです。

 

ハイドロキノンは、なぜシミの予防だけではなくて、既にあるシミにも効くのでしょうか。そのためには、シミが出来るメカニズムを知っておくとわかりやすいでしょう。お肌が紫外線などの刺激を受けると、チロシナーゼという酵素がメラノサイト内のチロシンというアミノ酸に働きかけて、メラニンに変化させます。このメラニンが過剰に蓄積されていくと、シミになってしまうのです。

 

ハイドロキノンは、このチロシナーゼの活性を抑えることにより、メラニンが作られないようにするのです。また、メラノサイト自体の活性も抑えるので、メラニンが作られにくくなります。その他に、ハイドロキノンにはメラニン色素を薄くする還元作用もあります。ですから、シミを予防するだけでなく、既にあるシミにも直接働きかけて、シミを薄くすることが出来るのです。

ハイドロキノン配合クリームにはどんなものがある?

シミやくすみには抜群の効果を発揮するのがハイドロキノン配合クリームです。では、ハイドロキノン配合クリームにはどんなものがあるのでしょうか。一般的にハイドロキノンの配合率は、市販化粧品が1%未満〜4%、病院で処方されるものが5%以上となっています。ここでは市販されているハイドロキノン配合クリームをご紹介していきます。

 

◎ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9
ビーグレンは、美白先進国として知られるアメリカのブランドです。薬学博士であるDr.ケラーが開発しました。全製品日本製で、日本人の肌に合わせて作られています。QuSomeホワイトクリーム1.9は、浸透テクノロジーQuSomeを応用することによりケアしたい部分に成分が届きやすく、ハイドロキノン配合率1.9%で4%と同じ効果があります。トライアルセットの種類も多く、お肌の悩み別に8種類があります。ビーグレン公式サイトより購入出来ます。

 

◎アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110
皮膚科医の高瀬聡子氏が開発したドクターズコスメです。ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110は、アンプルールが独自に開発した新安定型ハイドロキノンが高濃度で配合されていて、スポットケアに適しています。トライアルセットが2種類あります。アンプルール公式サイト、デパートで購入出来ます。

 

◎プラスキレイ プラスナノHQ
ハイドロキノンの専門店として知られていて、医療機関などにも製品を提供しています。プラスナノHQは、ハイドロキノンを4%配合している集中ケアクリームです。ご購入はプラスキレイの公式サイトから出来ます。

 

◎セルピュア ホワイトHQクリーム
東京銀座スキンケアクリニックの皮膚科医 三浦麻由佳氏が開発したクリニックコスメです。ホワイトHQクリームは、ハイドロキノンを高濃度の4%配合しています。公式サイト、デパート、全国の美容室などで購入可能です。

 

◎オバジ HQブライトニングナイトセラム
スキンケア研究者のオバジ氏が開発し、ロート製薬から販売されています。HQブライトニングナイトセラムは、オバジ独自の製法でハイドロキノンを安定的に配合しています。デパート、ドラッグストアなどで購入出来ます。

ハイドロキノンの注意点

シミのケアをしたい方にとってハイドロキノンはとても効果的なのですが、刺激が強い成分でもあるので使用上は注意がいります。

 

まず、ハイドロキノンを塗った状態で紫外線に当たるのは好ましくありません。シミが濃くなってしまう恐れがあるからです。ハイドロキノンは、基本的には夜使った方が良いでしょう。そして翌朝の洗顔で、しっかりと洗い流してください。どうしても朝使いたい場合は、紫外線対策をしっかりと行って下さい。

 

ハイドロキノンは効果が高い反面、刺激の強い成分でもあります。特に濃度が高くなるほど刺激が強くなるので、配合率が5%以上のものは医師の指導に従って使ってください。まれに、濃度の高いハイドロキノン配合化粧品では白斑が出来ることがありますが、5%未満のものでは白斑が出来たという報告はありません。

 

ハイドロキノンは安定性の低い成分でもあります。酸化したり変質したりしやすい性質なので、早めに使い切ることが大切です。使用期限をしっかりと守ってください。

低刺激のビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9ならば安心

効果が高いハイドロキノンを安心して使うためには、刺激が少ないハイドロキノン配合クリームを選ぶことが大切です。ハイドロキノンの濃度が高くなるほど肌への刺激が強くなるわけですから、低濃度でも確実にケアしたい部分に成分が届くものであれば、刺激が少なくて済むわけです。そこで、当サイトが低刺激のハイドロキノン配合クリームとしておすすめしたいのが、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9です。

 

ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9は、医療技術の浸透テクノロジー「QuSome」を用いています。ハイドロキノンは本来肌に浸透しにくいのですが、QuSomeを用いることにより、ケアしたい部分に確実に成分を浸透させることが出来るのです。つまり、ハイドロキノンの量が少なくても高い効果を得ることが出来るというわけです。QuSomeホワイトクリーム1.9は、ハイドロキノン配合量は1.9%ですが、4%と同じ効果を得ることが出来ます。低濃度なので肌への負担も少なくて済みます。他のハイドロキノン配合化粧品が使えなかったという敏感肌の方にも愛用者が多いのです。

 

ハイドロキノンは安定性を保つのが難しく、酸化しやすい成分でもあります。QuSomeホワイトクリーム1.9は、QuSomeカプセルでハイドロキノンを包み込むことにより、安定性を保っています。酸化したハイドロキノンは肌への刺激が強く、炎症などを引き起こすこともありますが、QuSomeホワイトクリーム1.9ならば安心というわけです。

 

QuSomeホワイトクリーム1.9を販売しているビーグレンは、ハイドロキノン配合化粧品を10年以上販売していて、その実績からも信頼のおけるブランドです。美白先進国アメリカ発祥のブランドですが、日本人の肌に合うように開発され、日本で製造されています。

 

ビーグレンはサービスも充実しており、製品についての問い合わせはもちろん、お肌の相談にものってくれるカスタマーサポートセンターもあります。こちらは、24時間365日問い合わせを受け付けているので安心です。また、もし製品がお肌に合わなかったり効果を感じることが出来なかった場合は、注文日から365日間は返品返金が可能です。8種類のお得なトライアルセットもありますから、お気軽にお試し頂けます